研究開発・臨床試験情報

真性多⾎症および本態性⾎⼩板⾎症患者を対象とするP1101の継続投与試験(A20-201試験)

試験名

真性多⾎症(PV)を対象とした第2相試験(A19-201試験)⼜は本態性⾎⼩板⾎症(ET)を対象とした第3相試験(P1101 ET試験) を完了した⽇本⼈患者におけるP1101の継続投与試験
(*:A19-201試験は2021年に終了)

試験の⽬的

A19-201試験⼜はP1101 ET試験に参加したPV患者⼜はET患者を対象として、P1101を⻑期投与した際の安全性及び有効性を評価する

主な選択基準

A19-201試験においてP1101投与期間を完了し,治験責任医師により本試験への参加が適切であると判断された患者
P1101 ET試験において、追跡調査来院/治験終了時来院を完了し,治験責任医師により本試験への参加が適切であると判断された患者
本試験の参加について⽂書により同意した患者

主な除外基準

治験責任医師がP1101の継続投与若しくはアナグレリドからP1101への切り替えを不適切と判断した患者

臨床試験の詳細について

この臨床試験の情報は以下サイト(外部サイト)でもご覧いただけます。試験IDや番号で検索して詳細情報を確認できます。

■ ClinicalTrials.gov(英語)
試験ID:NCT04285086

ClinicalTrials.gov Identifier: NCT04655092

■ JAPIC
試験ID:jRCT2031200269

jRCT

注:この臨床試験情報は、「被験者募集広告」ではありませんので、臨床試験参加に関する問い合わせには対応できないことをご了承ください。